マグネットローラコンベヤ RM-A型

歯切盤などの切削油の中から磁性体切粉を連続して搬送、排出する装置です。

適合業種・加工物

クーラント処理装置  建機・建機部品  エンジン・トランスミッション・アルミ切削加工
クーラント処理装置  自動車・自動車部品・二輪部品  エンジン・トランスミッション・アルミ切削加工
クーラント処理装置  自動車・自動車部品・二輪部品  トラッスミッション・ギヤ・歯車切削加工

製品の特徴

  • ステンレス製ローラの中にマグベットが偏心するように内蔵されており、このローラがそれぞれ同方向に回転することにより、切粉が効率的に搬送されます。
  • 切削後のダーティ液はローラ間を通過し、その際切粉はローラに吸着されます。吸着された切粉はローラを乗り移り搬送、排出されます。切粉が取り除かれた切削液はクリーン液として再利用できます。
  • ガイド板方式の採用により、油の持ち出しが少なくなりました。
  • 湿式、乾式のいずれにもご使用いただけます。

導入事例

  • 歯切盤、ブローチ盤等
  • 多軸自動盤、専用機等から発生する磁性体切粉
  • スラッジ状やパーマ状、長尺切粉の場合はご相談ください。

※遠心脱油機と組み合わせることにより切削油のリサイクルも可能です。

製品仕様

仕様

型式RM1.5ARM2ARM3ARM4A
マグネットローラ幅(mm)150200300400
処理流量(L/min)※30406080
MAX切粉長さ(mm)100150250350

※液中のローラ1対当たり(水溶性の場合)。油性の場合はお問合せ下さい。

注)固形物の混入は機器故障の原因となりますので投入しないようにして下さい。

配置図

お問い合わせフォーム
カタログダウンロード
製品情報一覧
補助金・優遇税制のご紹介