平面研削盤の事なら住友重機械ファインテック株式会社

 
 
環境改善(消臭)・研削効率が向上
研削盤用ファインバブル発生装置「FINE GO」を発売
 

住友重機械ファインテック株式会社(本社:岡山県倉敷市 社長:松木 信雄 住友重機械工業100%出資)は、大生工業株式会社(東京都豊島区 社長:向 恭男)および株式会社 TKX(大阪府大阪市 社長:岸本 智)との協業により生まれた研削盤用ファインバブル発生装置「FINE GO」を4月1日より発売しました。

研削盤用ファインバブル発生装置は、温式研削で使用するクーラントへファインバブルと呼ばれる超微細な泡を混合することで、クーラント液の環境改善(消臭効果と長寿命化)・研削効率の向上やクーラントタンク・配管内の清浄効果が期待できる装置です。「FINE GO」はファインバブル発生装置メーカー×研削盤メーカー×研削といしメーカーの協業により、各社のノウハウが生かされた製品となっています。

 
◆ファインバブルとは
 

私たちが日常目にしている泡よりももっと小さい、直径0.1mm(100µm)以下の極微細な泡のことをファインバブルと呼びます。ファインバブルは、排水処理や水質浄化、魚の養殖、野菜の洗浄など、さまざまな分野で活用が進んでおり、国際標準化機構(ISO)を中心に国際規格作成のための動きが活発化しています。

 
◆「FINE GO」の特徴
 

1.環境改善(消臭効果)、研削効率、洗浄効果が向上

 

クーラント液の環境改善(消臭効果)、研削効率の向上やクーラントタンク・配管内の清浄に効果のあるファインバブルが、独自の技術によりクーラント内に長時間滞留するため、使えば使うほど効果が期待できます。
また、ファインバブルによりクーラント液内のバクテリアの繁殖が抑えられ、消臭効果とクーラント液の超寿命化に効果が期待できます。また、研削効率の向上により、といし寿命の延命などランニングコストの低減や省エネにもつながります。



 

2.研削盤メーカーを問わず使用可能

 

装置への組み込み式ではなく、クーラントタンクへの外付け式を採用したため、お客さまでお使いの全てのメーカーの研削盤で使用することが可能です。また、小型かつ軽量のため、導入後にさまざまな研削盤で効果を確認することも可能です。



 

3.スラッジ回収にも効果

 

ファインバブルによりスラッジを底面より浮上させることで、これまで回収が困難だったスラッジの回収にも効果があります。使用前に対して、遠心分離セパレータやサイクロンセパレータのスラッジ回収効率を高めている事例もあります。



 
   
◆「FINE GO」の仕様

電源 単相AC100V 50Hz/60Hz
定格出力 0.55kW
常用運転圧力 50Hz 0.22MPa 24L/min
60Hz 0.26MPa 27L/min
製品重量 28kg
製品寸法 460×362×361mm


◆「FINE GO」の使用例